生と死

2020年11月24日
生きることへのみなぎる喜びが確かであれば、
死にゆく運命も、過ぎ去りゆく思い出の切なさも、
真正面から受け止めることができる。
生き甲斐を見据えることで、
人はいかなる時も命の可能性を存分に発揮する。
うじうじしていても死にゆく運命。
人生を完全燃焼させることこそ存在者の意義。
横着せず、横柄な高望みもせず、
ただひたすらちっぽけな身をありのままに立て、
与えられた使命を慎ましくも愚直に全うする。
神に出会うことが容易ではなかったとしても、
死は見逃しようのない絶対的な真理を担う。
もはや死こそが、
人を人足らしめる行動の指針となる。
家族構成が如何様に変遷しようとも、
社会的立場が目まぐるしく変化しても、
死にゆくという運命が変わることはなく、
まただからこそ自己の判別基準を見失うことはない。

Kommentar verfassen

Trage deine Daten unten ein oder klicke ein Icon um dich einzuloggen:

WordPress.com-Logo

Du kommentierst mit Deinem WordPress.com-Konto. Abmelden /  Ändern )

Google Foto

Du kommentierst mit Deinem Google-Konto. Abmelden /  Ändern )

Twitter-Bild

Du kommentierst mit Deinem Twitter-Konto. Abmelden /  Ändern )

Facebook-Foto

Du kommentierst mit Deinem Facebook-Konto. Abmelden /  Ändern )

Verbinde mit %s