自負

2021年5月24日
ちっぽけな自己の運命。
どんなにつらくても成るようになるし、
どんなにあがいても成るようにしかならない。
だからこそ肩ひじ張らず、ありのままでいこう。
大いなる天地の下に見出される自己は、
まさにカスのようなちっぽけな存在。
ただカスはカスとしての立場を担い、
その存在を全うすることができる。
曲がりなりにも全うしてきた命。
場面場面で残してきた実績。
その実績においてはもたらされた成果よりも、
そこに注ぎ込んだ力とその働きそのものにこそ、
精神の充実と自己の成長を感じることができる。
それがクラブ活動であれ文化祭であれ、
あるいは何かの業績や趣味への没頭であれ、
全てにおいてはその働きそのものにこそ、
精神養成の実績と自己の実存が宿る。
そんな揺るぎない「自負」において、
人は生きることへの活力を育むことができる。

Kommentar verfassen

Trage deine Daten unten ein oder klicke ein Icon um dich einzuloggen:

WordPress.com-Logo

Du kommentierst mit Deinem WordPress.com-Konto. Abmelden /  Ändern )

Twitter-Bild

Du kommentierst mit Deinem Twitter-Konto. Abmelden /  Ändern )

Facebook-Foto

Du kommentierst mit Deinem Facebook-Konto. Abmelden /  Ändern )

Verbinde mit %s