長けるということ

2021年10月5日
何かに長けるということは、
同時にその他の何かに疎いことを意味する。
ヴァイオリンに長けている人は概してサッカーに疎い。
ヴァイオリンとサッカーの両方に長けていたとしても、
寿司を巧みに握れるわけではない。
「何かに長ける」とは、
特定の何かに「費やす時間」が長けているのであり、
その他を犠牲にしてきたことからするとそれもまた当然である。
長けているのはまさに時間であり、
時間とはその人物の人生、存在そのものである。
‟その人物に固有の時間”が特定の物事に長けている、
その事実こそが人の実存を形作る。
人生という限りある時間の中で人は長けるべき何かを見つけ、
結果それ以外の何かには疎くなる。
人とはこの意味で元来バカな存在であり、
その飾らず驕らないバカ正直な信念こそは、
日本人が古より重んじてきた誠実の本質なのである。

Kommentar verfassen

Trage deine Daten unten ein oder klicke ein Icon um dich einzuloggen:

WordPress.com-Logo

Du kommentierst mit Deinem WordPress.com-Konto. Abmelden /  Ändern )

Twitter-Bild

Du kommentierst mit Deinem Twitter-Konto. Abmelden /  Ändern )

Facebook-Foto

Du kommentierst mit Deinem Facebook-Konto. Abmelden /  Ändern )

Verbinde mit %s