ありのままということ

2021年4月27日
どう転んでもたった一度しかない人生。
過ぎ去ってしまったものはどうあがいても変えられない。
周りがどうであろうと、自分にはそれ一つしかない。
だからこそ、「動かぬ真実」としての人生の軌跡に宿る、
自己のまさにその本質を決して見逃すことなく、
自己の授かった温もりを決して忘れ去ることなく、
そこにありのままの自分を発見する。
その上で、自己の実体に即した可能性を洞察し、
社会へ還元するため尽力することを生き甲斐とし、
成果そのものは社会に譲ったものと捉え、
それらを私腹として漫然と捉えることを忌む。
自己の社会的立場がいかように変化しようとも、
自己の本質は決して変わることがない。
むしろのぼせ上がると自己を見誤り、
生身としての身を立てることが不可能になる。
人々から授かってきた温もりを見据え、原動力とし、
活力を発揮するその瞬間において、
自己が満たされていることを実感する。

Kommentar verfassen

Trage deine Daten unten ein oder klicke ein Icon um dich einzuloggen:

WordPress.com-Logo

Du kommentierst mit Deinem WordPress.com-Konto. Abmelden /  Ändern )

Twitter-Bild

Du kommentierst mit Deinem Twitter-Konto. Abmelden /  Ändern )

Facebook-Foto

Du kommentierst mit Deinem Facebook-Konto. Abmelden /  Ändern )

Verbinde mit %s