弱さ

2016年6月13日
「誰かの庇護に甘えたい」、
そんな精神的な弱さがどこかに潜んでいる。
人として当然の姿ではあるが、
歳を追うごとに天地無常の真理は自己の理性を孤独へと追いやる。
「両親の代替え」を探し求めて心の不安を膨らませるのではなく、
無常なる運命の下で天地一体の心を体現する。
それは「時間」という厳しく、はかなくも恵みある真理への絶対的な追従を意味する。
多分、自分は人から嫌われている。
いや、大いに嫌われている。
しかしながら、それでお互い様。
人が完璧ではあり得ないという“誤性”の真理からすると、
嫌われること自体は悪いことではない。
問題は、孤独なる自己の運命を、
悲壮なる覚悟を以って余すことなく受け入れ、
それでいて自己批判と不安を断ち切ることができるかどうか。
天地無常と一体となれるかどうかは、
まさにここにかかっている。

Kommentar verfassen

Trage deine Daten unten ein oder klicke ein Icon um dich einzuloggen:

WordPress.com-Logo

Du kommentierst mit Deinem WordPress.com-Konto. Abmelden /  Ändern )

Google Foto

Du kommentierst mit Deinem Google-Konto. Abmelden /  Ändern )

Twitter-Bild

Du kommentierst mit Deinem Twitter-Konto. Abmelden /  Ändern )

Facebook-Foto

Du kommentierst mit Deinem Facebook-Konto. Abmelden /  Ändern )

Verbinde mit %s