優しさ

2010年1月23日
追い詰められた人がどういう精神状態にあるのか、よく知っている。
不安で眠れない日々が続く。
そんな時は、周りに気を配る余裕なんて持ち合わせていない。
自分のことで精一杯だ。
危険なものには極力近づきたくないし、危害を及ぼしかねないものには敵意を催す。
神経は尖っている。そしてとても柔くて脆い。
そんな時は周りが支えてあげないといけない。
広い心でその人を理解しないといけない。
たとえその人が身勝手な行動をとったとしても、寛大にそれを受け入れないといけない。
もともと誠実な人間が自分本位な行動をとる時、そこには必ず理由がある。
追い詰められた人を断罪するようなことをしてはいけない。
そのような寛大な心を持つため、人は強くならないといけない。
強くなくては優しさは得られない。
たくさんの辛さを味わい、それを乗り越えてこそ、人は強くなれる。
そして思いやりのある人間になれる。

Kommentar verfassen

Trage deine Daten unten ein oder klicke ein Icon um dich einzuloggen:

WordPress.com-Logo

Du kommentierst mit Deinem WordPress.com-Konto. Abmelden /  Ändern )

Google Foto

Du kommentierst mit Deinem Google-Konto. Abmelden /  Ändern )

Twitter-Bild

Du kommentierst mit Deinem Twitter-Konto. Abmelden /  Ändern )

Facebook-Foto

Du kommentierst mit Deinem Facebook-Konto. Abmelden /  Ändern )

Verbinde mit %s