謙虚

2011年11月1日
謙虚であるということはどういうことか。その意味を取り違えてはいけない。
控え目であることは謙虚さの一部を成すことがあるが、
本当に大切なのはそういうことではない。
謙虚な人間は、自己の失敗・未熟さ・遅れに対して動じない。
謙虚な人間は、他者から可能な限りのものを学び、
吸収しようという貪欲さを秘めている。
経験の積み重ねから来る自信は、またそれも非常に大切だが、
それを人と比べたり、過剰になるようなことがあると、
野心と不安の狭間で人は自己を見失う。
「自分などまだまだ」という姿勢を貫くためには、
むしろ脚色の持たない、洗練された本当の自信を持たなければならない。
本当の目で自身を見定めた、生身の大きさの自分でいてこそ、
他者に対する尊敬、敬意を抱き、
そこからたくさんのものを吸収することができる。
とても勇気のいることだ。一度自身の測り方を見失った自信は弱さとなる。
謙虚であるということは、心の継続的な主体性でもって、
不完全な自己の真実を愛するということ。
人は謙虚であることによって、
社会との健全なつながりを紡ぎ出していくことができる。

Kommentar verfassen

Trage deine Daten unten ein oder klicke ein Icon um dich einzuloggen:

WordPress.com-Logo

Du kommentierst mit Deinem WordPress.com-Konto. Abmelden /  Ändern )

Google Foto

Du kommentierst mit Deinem Google-Konto. Abmelden /  Ändern )

Twitter-Bild

Du kommentierst mit Deinem Twitter-Konto. Abmelden /  Ändern )

Facebook-Foto

Du kommentierst mit Deinem Facebook-Konto. Abmelden /  Ändern )

Verbinde mit %s